スワップトレードとは

スワップポイントとは、取引通貨間の金利差額、調整額により生じる、外貨預金の金利に相当するものです。 そのスワップポイントを得るためにはポジションを翌日まで持ち越すことが必要です(ロールオーバー)。


すなわち、スワップポイントはデイトレードでは発生し得ないのです。なので、スワップトレードは中長期取引なわけです。 スワップポイントは会社によって異なりますが、取引手数料が低い会社では、その分スワップポイントを抑えているところもありますので、注意が必要です。


例えば、現在、1豪ドル=81円ぐらいですが、


1万通貨の取引(64万円の元手)をして毎日約80円の儲け
1年にして、約3万円(利回り4.6%)


それが高いか安いかは個々人の感覚的なものもありますが、日本の金利が0.1%前後の事を考えると魅力的なことは間違いないでしょう。


ただそれは「為替レートに変動がなければ」という前提の話です。


例えば、1豪ドル=70円になった場合、金利が同じであっても、為替レートの変動で8万円近い損失が出ますから、差し引き5万円ほどの損失です。 スワップトレードは金利だけではなく、レートにも注視する必要があります。


最後にスワップトレードは、もらうばかりでなく、支払うこともケースとしてはあります。 具体的には、金利の高い通貨を売って金利の低い通貨を買う場合です。スワップ取引だと甘く考えていると、痛い目に遭う可能性もあるので気をつけて下さい。


スワップトレードに適しているFX業者

「口座数」NO1!

外為どっとコム

「外為どっとコム」は5年連続で「口座数」「預かり資産」でNO1の業界のトップランナー!CMでもお馴染みの知名度と初心者に配慮した徹底した情報の質と量が特徴です。

>>>詳細はこちら

「スワップポイント」NO1!

フォーランドオンライン

スワップ取引なら絶対に抑えておきたい業者がこの「フォーランドオンライン」です。 毎営業日、他社の動向をチェックしてそれを上回るスワップを提示しています。

>>>詳細はこちら


FXのトレード方法の種類